HSK1級合格必勝法 リーディング編②【試験対策】

こんにちは。
今回のシリーズでは、HSK1級対策として、実際の問題を例に出しながらどのように考えて解いたら良いのかを解説します!
これから受験してみようと思う方は、ぜひお見逃しなく!
今日はリーディング第二部分を解説していきます。

過去にはリスニングパートの第一部分第二部分第三部分第四部分リーディング第一部分の記事も上げていますので、まだご覧になっていない方はぜひ合わせてご覧ください。

リーディング 第二部分

リーディング第二部分は、1問につき1文流れ、それと内容が写真が一致する写真を選ぶ問題です。
例題を含めて6つの選択肢があり、そこから答えを選びます。問題は全部で5問です。
第一部分は語句と写真があっているかどうか、○か×かを問われる問題ですので、形式が異なります。
かつ、第一部分は語句と写真が一致するかを問われましたが、第二部分は文章なので文全体の意味、表現の知識や文法力も問われます。

では、ここで一つ例題を解いてみましょう。
今回は本番とは違い選択肢は3つです。
下記の文章と合っているものを選んでください。

文章:喂,你回家了吗?



正解は…
Aです!

合っていましたか?
では、解説していきます。

解説

「喂,」という声かけは知ってますか?
「もしもし」です。
電話で必ず使う表現なので覚えましょう!

正直、この問題はこの「喂」だけわかればすぐ答えがわかります。
電話をかけている写真があるので、この問題の答えはAです。

その後の文章も見ていきましょう。
「你回家了吗?」
「你」は大丈夫ですね。「あなた」です。
「回家了吗?」はいかがでしょうか。
「回家」「家に帰る」、完了の「了」と疑問文の「吗」がついているので、
この文章は、「家に帰りましたか?」と聞いています。

効果的な学習方法

第二部分の学習のポイントは会話表現に長けているかどうかです。
なのでそれを鍛えられる学習方法を2つ紹介します!

会話表現にたくさん触れる

第二部分で出題される文は、応答問題ではないものの、ほとんどが誰かに話しかける文章です。
なので会話文が中心に出てくる教材を使って、会話形式の文章に慣れておきましょう。
本の教材でも動画でも構いませんが、必ず一緒に音読をすることを忘れないようにしましょう!

中国のドラマを見る

これは比較的受験まで時間のある方にお勧めの方法ですが、会話表現を増やすためには中国のドラマを見て真似することがおすすめです。
ただ、長期的な中国語の学習にとても効果的なので、今後2級、3級と上を目指す方、
あるいは会話力を上げたい、会話表現の幅を広げたい方には楽しみながら効果が得られるいい学習方法なので、ぜひやってみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このような形でHSK1級対策のシリーズ記事を上げていきますので、ぜひ第五弾もご覧くださいね!
YouTubeでも動画を配信していますのであわせてご覧ください。

また、この記事では具体的な解き方のコツについてお話ししてきましたが、チャイブラリーでは有料版講座動画を作成しております。
ただ試験に合格できるだけではなく、本当の意味で力をつけられる内容となっておりますので、下記より詳細をご覧ください。

2級、3級とどんどんレベルアップしていきたい方には必須です!
1100円で始められますので、まずは試しに1本見てみてください。

ご覧いただきありがとうございました!
下次见!