小紅書(RED)でおすすめ上位に表示される記事の特徴【個人/インフルエンサー/企業向け】

おすすめ上位に表示される記事の特徴

小紅書のアカウントを上手に運用するためには、小紅書のおすすめ機能の仕組みを理解する必要があります。小紅書のおすすめ機能を活用して、より多くのユーザーに自分の投稿を見てもらうことが、人気獲得への第一歩となります!

小紅書で記事を投稿した際に、プラットフォーム側が記事に設定されたタグや頻出ワードに基づいて、興味を示してくれそうなユーザーに対しておすすめ表示がなされます。ユーザーのリアクション(高評価、お気に入り登録、コメント)に基づいて、記事がユーザーの好みに即しているのか判断されます。

多くのユーザーから良い反響を得られた場合は、さらに広範囲のユーザーにおすすめされ、より高い注目を集めることができます。

このプロセスの下ではフォロワーが少ない初心者でも、記事の内容次第では多くのユーザーの目に留まることが期待されます。そのため、以前もご紹介したように、ご自身で専門ジャンルを一つ決めて、同ジャンルの人気記事を参考にしながら、記事を量産させることが注目を集めるきっかけになります。

小紅書では、ユーザーとって有益な内容の記事はロングヒットする傾向にあります。つまり、良質な記事ほど、時間の経過とともに、繰り返し多くのユーザーにおすすめされるということです。

ユーザーが記事を探す方法とは

✔フォロー先から探す

フォローしているユーザーの記事のみが表示される画面から記事を探します。

✔ユーザーの嗜好に合わせたおすすめ

個々のユーザーの高評価、お気に入り登録履歴などに基づいて、関心がありそうな記事がおすすめ欄に表示されます。

✔位置情報によるおすすめ

ユーザーが居住地域を設定している場合は、同じ地域に住んでいるユーザーの投稿がおすすめの上位に表示される傾向があります。

✔直接検索で探す

キーワード入力で検索するユーザーが大半を占めるため、記事のタイトル、本文中に適切なキーワードを入れることが、より多くのユーザーの目に留まるうえで非常に重要となります。特定の内容を検索する際に、マッチング度が高い記事ほど、検索結果で上位に表示されます。このキーワードの設定こそがマッチング度を高める重要なポイントです。




上で紹介した4つの方法を通して、プラットフォーム側は記事をそれぞれのユーザーに提供します。では、具体的にどういう仕組みでおすすめされているのか次にご紹介します。

おすすめ表示の仕組み

1.カスタマイズされたおすすめ表示

記事を投稿した最初の段階では、100~300のユーザーにおすすめされます。読者からのリアクションが一定の基準を満たすと、記事はさらに1000~3000のユーザーにおすすめされます。このように反響が大きければ、対象のユーザー数を増やしながら繰り返しおすすめされます。

2.他のユーザー経由のおすすめ

小紅書では、自分の記事が他の投稿者から高評価を受けた場合、プラットフォームはその投稿者のフォロワーたちにも同じ記事をおすすめします。つまり、同じジャンルの投稿をしている人気投稿者と相互フォロー関係を築き、お互いの記事にリアクションをすることで、相手のフォロワーからも注目を集めることが期待できます。

また、お気に入り登録数が一万を超えた記事はおすすめのトップ画面に表示されます。まとめ系記事や知識量が多い記事は読者からお気に入り登録やシェアをされる傾向が強いので、まずはそれらの内容を中心とした記事を上げてみるといいかもしれません。

3.キーワード検索によるおすすめ

キーワードを活用することで他のユーザーが検索をかけた際に、自分の記事がより 上位に表示されやすくなります。

1)カテゴリー別キーワード

一般的には「美容」、「教育」、「健康」などの大きな領域を指します。これらのキーワードを検索すると、ヒットする記事が非常に多いため、検索結果の上位に表示させるのは極めて難しいです。

2)ジャンル別キーワード

カテゴリー型キーワードよりも細分化された領域を指すので、記事の内容次第で十分に検索結果の上位を狙うことができます。

3)商品宣伝用キーワード

一般的に業界内での競合製品を指す際に使われます。 最初に競合製品を分析してから、どのようなキーワードを付け加えるのか決めることができます。 業界内の競合製品の動向をリアルタイムで把握し、検索量が多いキーワードを分析しましょう。それを踏まえたうえで、ホットワードを使用した宣伝を行うと注目を集めることができます。

4)需要に関するキーワード

「おすすめ」、「一覧」、「まとめ」など、ジャンル別キーワードの後ろに予測変換として表示されることが多いワードを指します。これらを記事に加えることで、自身の書いた記事がヒットされる確率がより高まります。

アクセス数を増やすキーワードの使い方

1.検索人気で選ぶ

人気が高く、検索量が比較的多いキーワードに関する内容は、ユーザーから好かれる傾向にあります。これらのキーワードを加えたのちに、自身の記事と関連する他のキーワードもいくつか付け加えることで、検索したときのヒット率がより高まります。

2.記事の内容に合ったものを選ぶ

キーワードを選ぶ際は、検索人気だけでなく、記事の内容に合っているのかも確認するようにしましょう。内容にそぐわないキーワードを選んでしまうと、ユーザーが求めていた内容との乖離に不満を抱き、結果的にリアクション率の低下を招きます。

3.キーワードの配置を工夫する

✔タイトルと本文冒頭には必ずキーワードを入れる

タイトルで記事の核心となる部分はキーワードを使ってアピールすることが重要です。タイトルは検索条件に当てはまるのかを判断する際に最も重要な要素です。こうすることによって、記事が検索結果にヒットしやすくなります。

✔本文中にもキーワードを多用する

記事の中身にキーワードがないとシステムにキーワードと内容の関連性が薄いとみなされるので、検索しても記事がトップページに来ません。また、読者も直感的に記事が求めている内容にふさわしくないと感じてしまうので、リアクション率にも影響を及ぼしてしまうので、本文中にもキーワードを入れるように留意しておくといいでしょう。

✔使用画像にタグ付けする

画像にタグ付けしてキーワードを加えることで、記事の内容とキーワードの関連性をより一層高めることができます。

✔本文の後にハッシュタグ付きのキーワードを加える

記事の末尾はつい見落とされがちですが、ここでもキーワードを強調させて、検索ヒット率を高めましょう!

まとめ

小紅書では毎日膨大な数の記事が投稿されます。まずは自身の投稿をおすすめや検索結果の上位に表示されることが、記事をバズらせるための第一歩となります。

そのためには、適度にキーワードを有効活用しましょう。特にキーワードを使う際には、リアルタイムでの注目度、内容との整合性、そして配置の工夫の3点を意識することで、プラットフォームが他のユーザーに優先的におすすめされる可能性が高まります。


小紅書(RED)でのアカウント開設・運用をご希望の方。また、小紅書(RED)での商品の販売・宣伝について、ご不明な点がございましたらお気軽にチャイブラリーにご相談ください! ※(チャイブラリーでは、小紅書(RED)、抖音(DOUYIN)で利用可能な中国大陸の携帯番号取得もお取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください)